HOME > ワード初級 > スマートアートを利用 お気に入りに追加

スマートアート

 SmartArtは物事の流れや仕組みを図形を利用して簡単に表現できる機能です。リストや手順、マトリックスや組織図などが用意されています。

 スマートアートを利用することで複雑な組織図などを簡単に作成することができるのでぜひ覚えておきましょう。

 このページでは組織図を例に作成方法を説明していきます。スマートアートを挿入するにはリボンの「挿入」-「スマートアート」を選択します。「SmartArtグラフィックの選択」ダイアログが現れます。左側に項目ごとにスマートアートがまとめられています。

 今回は階層構造から組織図を選択します。

階層構造

 階層構造から組織図を選択し、「OK」ボタンを押すと、スマートアートが自動で挿入されます。スマートアートの画像と共にスマートアート用のテキストボックスが現れます。テキストボックスに文字を入力するとリンクしている場所に文字列が入力されます。

スマートアート

 デフォルトでは数か所しか入力場所がありませんが、図形を増やしていくことができます。リボンの「スマートツール」-「デザイン」を選択します。下図の赤枠の中に、図形の追加ボタンと追加された図形のレベルを上げ下げするボタンもあります。その他にもレイアウトの変更なども可能です。

 図形を追加するとテキストボックスの項目も増えるので文字を入力していきましょう。後から項目の上下も簡単にできるので簡単に作成することができます。

スマートアートの作成

スマートアートのスタイル

 スマートアートで組織図を作成できたら今度は見栄えが良くなるようにスタイルを変更してみましょう。スタイルにはあらかじめ色や形のデザインが複数用意されています。

 今回は会社の組織図を例にしたのでベーシックの黒の枠線を選択してみましょう。黒の枠線に部門が入力されているだけなので、何処でも通用します。

スマートアートのスタイル

 もう一つ、今度はレイアウトを変更してみましょう。縦型から横型に変更してみましょう。組織の内容は変わりませんが、左側をトップに右側へ階層構造ができあがりました。とても一般的ですが、会社の組織図ならこれが一般的で無難でしょう。

スマートアート

▲TOPへ移動