HOME > ワード入門 > MS-IMEの使い方 お気に入りに追加

MS-IME

 MS-IMEはマイクロソフトの日本語入力システムです。ワードとは別のソフトですが、知らず知らずのうちに使っているソフトの一つです。日本語入力システムなのでワードやエクセル以外のときにも活躍しています。

 通常は画面の右下にあると思うが言語バーとして取り出すことも出来ます。

入力方式の選択

 MS-IMEには「ナチュラルインプット」「IMEスタンダード」の2種類あります。「ナチュラルインプット」は「IMEスタンダード」に比べて入力がしやすくなっており、変換効率も高いそうですが、現在のところワードでしか機能しません。

 よって二つも覚えるのはややこしいので「IMEスタンダード」だけ覚えておきましょう。MS-IMEの入力方式の色が青色だったら「ナチュラルインプット」状態になっています。赤色であれば「IMEスタンダード」の状態です。

言語バーと言語バーの各部の名称

 起動した状態によってはタスクトレイにMS-IMEが収まっていることがあります。言語バーとして表示してもかまいませんし、そのままでも問題ありません。説明用に言語バーを表示します。

MS-IME

MS-IMEがタスクトレイに入っていたら赤い入力方式の部分をクリックしよう。

「言語バーの表示(S)」が現れるのでクリックする。

言語バーの表示

・言語バーと各部の名称です。

日本語入力の切り替え

 Wordを起動すると自動的に日本語入力がオンの状態になっています。

切り替え方(その1:キーボードを使う)

日本語入力のオンとオフは[半角/全角]キーを押して切り替えます。

ローマ字入力とかな入力は[Alt]キーと[カタカナ]キーを押して切り替えます。

(注)接続しているキーボードによっては異なる場合があります。

切り替え方(その2:言語バーを使う)

[入力方式]ボタン(あ、A が表示されるところ) をクリックします。

日本語入力オン :[ひらがな]を選択します。

日本語入力オフ :[直接入力]または[半角英数]を選択します。

 ワードを起動すると自動的に日本語の入力がオンの状態になっています。日本語入力の切り替え方はいくつかの方法があります。

・キーボードからの切り替え

 日本語入力のON/OFFは「半角/全角」キーを押して切り替える事が出来ます。ローマ字入力とかな入力は「Alt」+「カタカナ」を押して切り替える事が出来ます。

日本語入力の切り替え

・言語バーからの切り替え

 言語バーの入力モードをクリックします。日本語入力をONにしたい時は「ひらがな」を選択します。日本語入力をOFFにしたい時は「直接入力」「半角英数」を選択します。

 カタカナで入力したい場合は「全角カタカナ」「半角カタカナ」を選択します。

MS-IMEのプロパティ

 MS-IMEのプロパティでは文字入力時の設定を色々と変更することが出来ます。言語バーの「ツール」-「プロパティ」でMS-IMEのプロパティを表示させることが出来ます。

 ローマ字入力/かな入力、初期入力モードなどの設定もココで変更できます。タブ「全般」以外にもタブ「変換」もワードを使いこなすうえで便利な設定変更が出来ます。

MS-IMEのダイアログ

 タブ「全般」を表示。入力設定はここでほとんどできる。

MS-IMEの設定

 タブ「変換」の画像。変換モードに一般や人名、地名などの機能があります。自分専用の設定に変更してすばやく文字を入力できるようにがんばりましょう。

単語や用例の登録

 単語/用例の登録機能を利用すると辞書には載っていない単語や頻繁に利用するメールアドレスや記号など何でも登録しておくことが出来ます。

 あまり有名な機能ではないですがとても便利な機能なので利用してみましょう。

単語を登録する  色々な使い方がありますが、左の画像は顔文字を登録している状態です。

 登録すればこんどから「かお」と文字を入力して変換する時に
「(^^)」がでてきます。 


↓こんな感じになります。
単語登録

辞書モードの切り替え

 MS-IMEにはいくつかの辞書モードがあり、変換モードをクリックして変更することが可能です。変換モードは下図の「般」の字のぶぶんです。

・一般

一般の辞書モードです。

・人名/地名

 人名や地名が多く登録されているモードです。住所録作成時などに効果を発揮します。

・話し言葉優先

 話し言葉を優先して変換します。(顔文字が沢山登録されています。「かお」で変換してみましょう。(*^_^*)

辞書モード

IMEパッド(わからない文字の入力)

 IMEパッドをクリックするとわからない文字を探すことが出来ます。以下の5種類を利用して目的の文字を探しましょう。

・手書き・・・・・・・・・・・・・・マウスで検索したい文字を入力します。変換候補が現れます。
・文字一覧・・・・・・・・・・・・コード表から検索したい文字を探します。
・総画数・・・・・・・・・・・・・・文字の画数から目的の文字を探します。
・部首・・・・・・・・・・・・・・・・文字の部首から目的の文字を探します。

IMEパッドの手書き

 言語バーのIMEパッドをクリックすると手書き入力が現れます。左端のアイコンで手書き、文字一覧、総画数、部首を選択することが出来ます。

IMEパッドの手書きの使い方

 手書きモードでは左側の空白部分に感じをマウスで書きます。すると右側に候補となる文字が現れます。綺麗に書けたら結構正確に文字を選んでくれます。ボクも読みのわからない漢字が出てきたら手書きでよく検索します。

IMEパッドの文字一覧

 文字一覧をクリックすると文字のカテゴリを選択することが出来ます。そこから必要な文字を探して入力します。めったに使わないと思われます。

 文字一覧をクリックすると文字のカテゴリを選択することが出来ます。そこから必要な文字を探して入力します。めったに使わないと思われます。

IMEパッド画数から検索

 左上から画数を選択します。選択した画数の漢字が表示されます。

IMEパッド部首から選択

 まず画数を選択します。選択した画数の部首が現れるので探したい部首を選択します。部首を選択すると候補となる文字が現れます。

▲TOPへ移動