HOME > ワード入門 > ワードの画面構成 お気に入りに追加

ワードの画面構成

 ワードを起動すると下記画面が起動します。各部の名称を一通り覚えておきましょう。ワードを解説したホームページや参考書などで勉強するときに必要な知識になります。また、名称とともに、その機能も一緒に理解しておきましょう。

ワードの画面構成

クイックアクセスツールバー

 画面左上にあるのがクイックアクセスツールバーです。以前のバージョンのツールバーになります。しかし、ツールバーと異なりクイックアクセスツールバーはリボンの上下にしか移動ができません。

 クイックアクセスツールバーは、カスタマイズすることができます。

クイックアクセスツールバーをリボンの下に移動する

 クイックアクセスツールバーの右側にある下▼ボタンをおして、メニューを表示させましょう。次に「リボンの下に表(S)」をクリックしましょう。

クイックアクセスツールバーの移動

 クイックアクセスツールバーがリボンの下に移動できました。

クイックアクセスツールバー

クイックアクセスツールバーをカスタマイズ

 クイックアクセスツールバーは自分好みにカスタマイズすることができます。クイックアクセスツールバーの右側にある下▼をクリックしてメニューを表示させます。「その他のコマンド(M)」をクリックしましょう。

クイックアクセスツールバーのカスタマイズ

 Wordのオプションダイアログのクイックアクセスツールバーのカスタマイズ画面が表示されます。画面の左側から必要なコマンドを右側に追加しましょう。OKボタンを押せば完了です。

ワードのオプション

リボン

 リボンとはワード2007のバージョンから採用されたユーザーインターフェースです。エクセル・アクセス・パワーポイントにも導入されています。オフィス2003までのメニューバーやツールバーと勝手が違い、最初は戸惑うかもしれないが、慣れると便利なインターフェースです。

リボンの表示と非表示

 リボンは簡単に表示/非表示に切り替えることができます。Wordを起動させている状態で「Alt」+「F1」を押すことにより、表示/非表示を切り替えることができます。リボンが非表示の状態ではタブだけが残った状態なります。

リボンの表示と非表示

「Alt」+「F1」以外にも次の方法でリボンを表示/非表示に切り替えることができます。

 アイコンをリボンに移動させます。次に右クリックでメニューを表示させます。「リボンの最小化(N)」ボタンを押します。

リボンの最小化

ステータスバー

 ステータスバーはワードの下部にあります。ワードで文章を作成中に現在カーソルが何行目なのか、今なんページ目なのかなどの様々な情報を表示してくれます。このステータスバーは自分でカスタマイズすることができます。

ステータスバーのユーザー設定

 ステータスバーの設定は簡単に変更することができます。アイコンを画面左下のステータスバーに持ってきて、右クリックします。

 右クリックするとステータスバーの一覧が表示されます。チェックすることにより表示/非表示の切り替えを簡単に行えます。

ステータスバーの設定

ズームスライダー

 ワードの右下にあるのがズームスライダーです。ズームスライダーは簡単に画面を縮小/拡大することができます。スライダーを右に移動すると画面が拡大し、左に動かすと縮小します。

ズームスライダー

 ズームスライダーの左側に現在の倍率が表示されています。その倍率をクリックするとズームダイアログが現れます。ズームダイアログからも倍率等の設定を行うことができます。

ズーム

ルーラー

 ワードには水平ルーラーと垂直ルーラーがあります。画面に左側と上側にある、いわゆる物差しの事になります。

 ルーラーが表示されていることにより、文書や図面、画像などをきれいに整列させることができます。また、文書だけで、ルーラーが必要ない場合は非表示にすることもできます。

ルーラーの表示/非表示

 ルーラーは簡単に表示/非表示に切り替えることができます。リボンの「表示」タブを選択します。表示の「ルーラー」にあるチェックを外すと簡単にルーラーを非表示にすることができます。

ルーラーの表示・/非表示

▲TOPへ移動