HOME > ワード入門 > ワードの起動と終了 お気に入りに追加

ワードの起動

 あなたのパソコンにマイクロソフトのオフィスがインストールされているならさっそくワードを立ち上げてみましょう。ワードを立ち上げるにはまず画面左下のスタートボタンを押します。スタート画面が立ち上がったらすべてのプログラムをクリックしましょう。

 現在あなたのパソコンにインストールされているすべてのプログラムが一覧で現れます。パソコンによって入っているプログラムが異なるので、下図と同じにはなりません。

ワードの起動

 「Microsoft Office」のフォルダをクリックしたらオフィスソフトの一覧が現れます。ボクのパソコンにはオフィス2003と2010が両方インストールされているので2003、2010のすべてのソフトが表示されます。

 それではさっそくワードをクリックしてみましょう。

プログラムの起動

 スタートからでなく、ショートカットから起動させることもできます。いちいちスタートボタンをおして、オフィスのフォルダを開いてワードをクリックするよりも、デスクトップにショートカットを作成すると1クリックで起動させることができます。

 ワードに限らず、頻繁に利用するソフトはショートカットを作成しておきましょう。

ワードのアイコン

↑ワードアイコンに矢印が表示されます。この矢印が、ショートカットを意味します。

 スタートから、もしくはショートカットを押して下図のワード2010の画面が現れたら起動成功です。「習うより慣れろ」わからなくてもいいのでどんどん利用していきましょう。

ワードの画面

ワードの終了

 ワードを起動させたらとりあえず何か文字を入れましょう。そして終了させます。ワードを終了させるにはファイルタブをクリックします。

ワードの終了

 ファイルタブをクリックするとファイルのメニューが現れます。一番下に「終了」があるので「終了」ボタンを押しましょう。

ファイルタブ

 ワードの文書に何かが書かれていたり、途中まで作成されているワードの文書に改編を加えると「変更を保存しますか?」と確認してきます。保存する必要があれば「保存」ボタンを押します。

ワードの保存

 最後に保存する場所とファイル名を確認してきます。任意の場所を選択し、ファイル名をきにゅうして保存ボタンを押しましょう。これでワード文書が保存できます。

名前を付けて保存

 ファイルタブ以外からでもワードを終了させることができます。画面の右上に「×」マークがあります。このボタンを押すと文書が変更されていたら変更を保存するか確認してきます。特に変更点がなければそのままワードは終了します。

ワードの終了

 画面左上にはワードの小さいアイコンがります。このアイコンをクリックすると「閉じる」ボタンがあります。このボタンを押してもワードを終了させることができます。もちろん文書が変更されていたら保存するかどうか?確認してきます。

小さいアイコン

▲TOPへ移動